2010年5月18日火曜日

休日



天気が良く気持ちいいので、吉祥寺を散歩しました。駅の広告で棟方志功展が気になったので行ってきました。版画はどうして版画にしないといけないんだろうか?という疑問があります。。それはさておき、なかなか楽しく刺激を受けました。写真、絵とは違う不自由さの中に暖かみのある感情が表現されていました。
自分もゴッホが好きですが、棟方志功さんはゴッホになりたかったみたいです。子供が仮面ライダーになりたいと思うのに近い思いなんでしょうか。。

版画ではないですが、屏風に躍動感のあるフクロウと木の作品が好きでした。

時間があれば版画にチャレンジしようと思います!!