2010年9月8日水曜日

高円寺



座高円寺にて時々遊びに行くのですが、地下まで降りたのは初めてて、螺旋階段を見上げて歪んでいた事に気がつきました。

阿波踊りホールにて日本板画院の加瀬さんの作品を観てきました。棟方志功は版画は板だということで板画となっているみたいです。

小人がたくさんいて自由に飛んだり、いたずらしている様子がかわいらしかったです。僕が観るとただ可愛いだけでなく、少しゾッとする無表情さも感じました。モノには裏表があるとか良い時もあれば悪い時もあるってことなのだろうか。。