2011年1月11日火曜日

先日




先日、田舎に帰ってたときに小学生のときによく遊んでいた通学路を散歩しました。

景色は小さな頃より小さく見えて、大人の足ではあっという間に結構な距離を歩いてしまうのでつまならい感じでした。

この小さい世界が自分にはとても広くて、夢がたくさんあって毎日がわくわくだった。モグラの穴をほじくったり、カエルを追いかけたり。。探検して、よく遅刻もしたし、帰りも遅くなったものです。
セミの羽化、カマキリの孵化、野犬との対決とか毎日が新しい発見と感動の繰り返しでした。

そんな、昔を思い出しながらの散歩はかなりのリフレッシュになりました!写真はオオカマキリの卵です。。気持ち悪いですかね。。。