2011年4月5日火曜日

さくらより


先ほど、近所の公園に行ったのですが、7~8割の桜が綺麗に咲いていました。日本の良く見る風景で季節は止まる事無く流れ続けてると実感します。

撮ろうと思ったのですが、実際に見る方が良いですね。

なのでいつも部屋を出る時の廊下でパシリ。複雑に入り組んだ構図で光が差し込んでいても何となく冷たさを感じますが、階段を下りて外へ出る楽しみが感じられます。
階段、柱、消化器、窓それぞれが必要最低限でそれぞれにこうなった意味があるんだろうって。
自分で評論しました。。。