2013年10月24日木曜日

久しぶりの更新です。

台風は通勤、通学に影響がでると嫌ですよね。しかし、僕はわくわくします。もちろん、災害は起きないように願っています。

先日の台風の後に、小金井公園へ木の実を拾いに行ってきました。枝ごと折れて落ちているので、種子が乾燥せずに拾えます。種子は乾燥すると発芽率が下がってしまうので、青いうちに保存するのが鉄則です。

まずはユリノキです。落葉高木で30mくらいに成長します。
拾った時は青緑で1週間ほど乾燥させると実が開きます。花びらのような羽の下の部分に種子は付いています。大体の樹木は遠くに子孫を残すように工夫されていて、このように羽が付いているもの、鳥の食べ物になるもの、ドングリなどはクマに運ばせます。
こんな感じでむしり取ったら、密閉して冷蔵庫で3月まで保存させます。こうして冬を体感させるこので更に発芽率を高めます。いつもは水没実験したものを保存してましたが、今回は鮮度が良いので全ての種子を保存できました。

何か、味気ないブログですが、最近グルメとかテレビからは遠ざかり、樹木にまっしぐらですので。。バランス悪く、性格は不器用ですね。。。

そして、狙いはヒマラヤスギの種子ではなく、松かさ。去年に解体してしまった後悔があるので、一生懸命に探しました。ヒマラヤスギの松かさは風で壊しながら落ちてくるので、松ぼっくりごと落ちる事はないのです。そうなると台風後は千載一遇のチャンスなのです。

これ、握りこぶしほどの大きさでずっしりしてます。自分の落としたふかふかの葉っぱの上に横たわっていました。おお〜なんかパワーが出ていますね。乾燥して開くとバラの形になるんですよ。

以上、また台風が来ていますので気をつけましょうね。なんか逃げるように終わらせてしまいました。。




2013年8月1日木曜日

夏休みのお知らせ

RebMoBは13日火曜日から16日金曜日まで夏休みを頂きます。尚、12日月曜日は19時までの営業になりますので、宜しくお願いいたします。

去年は秋田側の白神山地、青池に。今年は山は山でも本州最北の霊山に行ってきます。特に信仰はないですが、白神同等に原生林が守られているらしいので楽しんで来ます。

三沢〜六ヶ所村〜東通村〜大湊〜大間こんな感じのルートです。


2013年5月22日水曜日

シェード

 昨日から遊びでランプシェードを作ってます。どうしても遊びと言いたいのは、かなりの完成度の低さに驚いているからです。。。これを見たら、髪の毛のカットは大丈夫なのだろうか?と心配にさせてしまうかもしれません。仕事は正確です問題ありません。

でも、たまにはこういう歪み、曲線も部屋の一部にあったら和みます。

 準備はこれだけ。
こんな感じに全体をイメージしながらパーツを作って、
組み立てて行き、
完成です。有刺鉄線みたいで怖いです。。。

2013年4月10日水曜日

コンペの結果

こんにちは。
割と偏った記事が多いですが、またまた木工のネタです。。

先日、コンペの結果がでました。残念ながら書類審査で落選。。。美容師のくせにと思っていますが、探究心と夢はかなりあります。仕事以外のモノでも必ず本職に繋がり、いかされるものですよ。

 結果がでてしまったので、紹介します。

「ヤギのオブジェ」プレゼンテーション
作品意図

この結果を受けましたが、全くダメージも無く、湧いてくるネタと情熱が怖いくらいです。
これからも、樹木の生態、木工を研究して80歳で本物の樹木になるように頑張ります。


2013年3月6日水曜日

本日から春ですね

今年の冬は北国出身の僕でも長く寒かったです。それでも、冬という季節を感じられて幸せです。
自国の放射線、隣国の大気汚染等、自然と融合とは難しいものですね。

そんな僕もエゴイストかもしれませんが、武蔵野周辺の種子を発芽させて遊んでいます。深夜だろうが、出先だろうが関係なくその季節に結実する種子を拾い、日々研究しています。少しくらい性格かも知れませんね。
これはごく一部ですが、早くも発芽した種子。

こんな日々をを送りながら平行して、架空の工務店ごっこもやっています。割と本気なままごとみたいです。
今月から美術館主催のデザインコンペにも応募しています。

それでは、がんばります。




2013年1月9日水曜日

あけまして、おめでとうございます!

 皆様はどんなお正月でしたか?
僕は帰省して、のんびりの正月休みでした。もっぱら、冬はする事がないので散歩です。自分が一番好きだった頃の通学路を歩きました。

よく思い出してみると、中学、高校も自分でしたが、小学生の時代が今の自分にとても近い事を感じます。

一つの事に執着して、探求するのは割と誰にも負けてないと思います。
小さい頃は急な坂だと思っていたのですが、大人なら楽々登れます。よく、プラスチックのブルーのソリで何回も何回も馬鹿だと思われるほどに滑って遊んだもんです。

今は樹木にハマっているので、この森の状況が少しだけ分かってきて楽しいのですが、外来種の勢いが結構あって寂しくなります。赤松の林がニセアカシアに入れ替わっていたり、ニュータウンが作られてブナ科が無くなり、ドイツトウヒが植樹されていました。
だから、悪いって事じゃなくて、自分を育ててくれたのは親とか古里の景色だと感じます。町、海、山、建物、樹木、それにともなった遊び。。変わるのは良い事だけど。森に関しては人間が守らないと維持できなと痛感します。

そんなことを考えながらあっと言う間に散歩が終わってしまいました。子供の頃はとても大きな世界でしたが、わずか30分で小学校に到着。

夜は友人と飲みに出かけ、かなり強烈なアイスバーン!!これ、ほぼ歩けなかったです。アスファルトが氷の下にあるって想像できないですよね。

今年もよろしくお願いします!!